×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロエ酒(育毛用)の作り方

アロエ酒(育毛用)の作り方

アロエ酒(育毛用)の作り方について解説します。育毛に効果的と噂のアロエ酒を作りましょう。

アロエ酒(育毛用)の作り方

育毛にアロエ酒が効くという話は聞いたことがあります?育毛シャンプーやヘアトニックだけではなく、アロエ酒を頭皮に吹きかけることによって育毛に効果があると話題になっていますが、では実際のアロエ酒の作り方はどうでしょうか?私もアロエ酒を作ったことは無かったので、育毛に効果的と噂のアロエ酒の作り方を少し調べて見ました。
基本的にアロエというのは新鮮さが大事なので、まずは新鮮なアロエの葉を数枚切り取って、それを2、3cm程度に細かく刻んでいきます。この刻んだアロエの葉を3日間程度日陰干しして乾燥させます。少し面倒ですが育毛のためなので我慢しましょう。アロエの葉にはねばっとした粘液上の果汁が含まれていますが、これを日陰干しして乾燥させるわけですね。
その後乾燥したアロエの葉を焼酎などにいれ、2週間から1ヶ月程度つけておけばアロエ酒の完成です。育毛に使えるまでにけっこう時間がかかりますね。実際に頭皮に吹きかかる際はアロエの葉は取り除いてから吹きかけてください。

アロエを使った育毛用品

育毛用に作ったアロエ酒はやはり鮮度が大事ですので、基本的に2〜3ヶ月程度で使い切るのがいいようです。また、実際にアロエの成分が育毛に効くかどうかはもちろん個人差があるでしょうから、実際にアロエ酒を使って育毛マッサージ等を行なう際は専門家に一度尋ねてみることをオススメします。

 

アロエの中に含まれるアロインやアロエベラなどが育毛に効くということで、今薄毛やはげで悩む人の間でアロエが話題になっていますが、アロエの成分を使った育毛専用の商品は出ているのでしょうか?

 

TVなどで話題になったアロエを使った育毛法は、アロエを焼酎につけることでアロエ酒にして、そのアロエ酒を頭皮に塗布するといったものでしたが、今ではアロエの成分を配合した正規の商品が、いくつかの育毛メーカーなどから販売されています。もともとアロエ酒を使った育毛というのは、一種の民間療法に近いものがあったので、どうせならばアロエ専用の育毛商品を使うほうがいいですよね。

 

アロエの成分を使った育毛商品としては「E'n 濃縮アロエベラ液」や「アルビーン ハイブリッド・ケア」「育毛トニック『アロエ薬用トニック 150ml」などがるようです。それぞれ用途が違っていますので、一度ショップ側に問い合わせてから使いましょう。

育毛に効くアロインの役目とは?

そもそもアロエをつかった育毛方法がTVで話題になったのは、アロエの中にアロインという成分が含まれていたからです。薄毛やハゲで悩む男性の中には、男性型脱毛症の人が多いといわれていますが、これはDHTと呼ばれる脱毛原因となる男性ホルモンが生成されてしまうことが原因だといわれています。

 

そしてアロエの中に含まれているアロインという成分が、このDHTを抑制する働きがあるということが注目されTVで取り上げられたため、アロエが育毛につかわれるようになったというわけです。

 

アロエはヨーグルトや美容液、またアロエ酒などと広い用途で私たちになじみの深いものですが、今回は薄毛やハゲに悩む人の味方になってくれるようです。今はアロエを使った育毛シャンプーやアロエヘアトニック、またアロエトリートメントにアロエ美容液など、非常に多くのアロエ系育毛商品が販売されていますので、一度試してみたいものです。