×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性 薄毛

タイプ別女性の薄毛と育毛方法

女性の薄げにも色々な種類があります。女性の薄毛のタイプに合わせた育毛方法を選びましょう。

女性の薄毛が急増しているってホント?

女性の薄毛や部分的なはげが増えている、という話を聞いた事があるでしょうか?薄毛やはげというと男性の悩みという印象が強いですが、ここ数年では女性が抱える育毛の悩みというのは急増しています。特に女性の場合男性とはまた違った育毛方法がありますので、男性用の育毛方法と混同するとより薄毛の症状が悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

基本的に女性の薄毛で多いのは部分はげのようなものではなく、頭頂部の分け目を中心に全体的に髪の毛が薄くなっていくという現象です。これは女性特有のもので、中には増毛スプレーなどで分け目の薄さを隠している人も多いのではないでしょうか?
逆の割合としては少ないのが女性の方における部分禿げです。こちらは全体の割合としては少なく、女性よりも男性に多く見られる症状です。もちろん症状によって育毛や発毛法にも違いがありますので、まずは自分の薄毛の症状を見極めるところからスタートしましょう。

女性の薄毛 −全体的に薄い場合−

薄毛で悩む女性に多いのが「」頭頂部を中心に髪の毛が全体的に薄くなる」という症状です。これは男性にはあまり見られない症状で、女性型の脱毛と呼ばれ時には「びまん性脱毛」などと呼ばれることもあります。

 

このように髪の分け目や頭頂部を中心に髪の毛が薄くなるのは、髪の毛のすべてが一度になくなっていくのではなく、髪の毛がまばらに少しずつやせ細っていって、部分的にではなく全体の割合が少なくなっていくためです。

 

特に女性の方の場合、あまり育毛には関心が無いと思いますが、逆に育毛よりもカラーリングやパーマなどには強い関心があり、髪の毛が実はかなりのダメージを受けているという場合があります。また日々の生活のストレスなども髪の毛をやせ細らせる原因のひとつで、このような症状が重なると、髪の毛が全体的に薄くなり、女性の方でも育毛の悩みを抱える事になります。女性の方は特に髪の毛のカラーリングをやっていることが多いので、枝毛やキシキシした髪で悩んでいる人は注意してください。

女性の薄毛 −部分的なハゲの場合−

女性の方の中にも、もちろん部分的なハゲで悩んでいる人はいると思います。たとえば俗に言う「10円ハゲ」のように円形に脱毛してしまう場合です。これは円形脱毛症といって男性にももちろんある症状ですが、一般的には女性の方には置きにくいタイプの薄げだといわれています。

 

育毛に悩む女性に多いのは、前述したとおり「全体的に薄げになる」という症状なので、男性のように一部分だけ髪の毛が無くなってはげてしまうという症状はどちらかといえば少ないからです。しかしもちろん女性の中にも部分的なはげで悩む人はいて、そういった方多いのはストレス性の円形脱毛症です。

 

日々の生活で過度なストレスがかかるとホルモンバランスがくずれ、女性の方でも円形脱毛症になってしまう場合があります。このような場合、皮膚の老化や皮脂、毛根の汚れなどではなく、ストレスが直接の原因となりますので、専門のサロンにいくと同時に、メンタル的なケアも非常に重要になってきます。