×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

育毛剤 種類

育毛剤にも種類があるので注意

育毛剤にもいくつかの種類がある事はご存知ですか?育毛効果を望むならばしっかりと育毛剤の種類も選びましょう。

育毛剤にも種類があるので注意

育毛効果をアップさせるためには、自分の状態に合った育毛剤を選ぶことが必要です。薄毛の原因は様々あり、育毛剤も種類別に作られているからです。髪の成長状態や頭皮の状態に合わせた育毛剤選びをしましょう。一般的に売られている育毛剤には5つの種類があると言われています。薄毛の原因となるトラブルの改善を目指したものです。まず、頭皮の血液循環を良くする効果のある種類の育毛剤です。

 

次は髪の成長で一番重要な毛母細胞に直接働きかける種類の育毛剤ですが、これは毛穴に皮脂が詰まっていると効果が半減してしまうので、まず詰まった皮脂を取り除くことが必要です。三つ面の種類は男性ホルモンの分泌を抑える育毛剤です。男性ホルモンが活発になってしまうと抜け毛を助長させてしまうのです。これと同じ働きをする成分でアメリカのメルク社がフィナステリド(プロペシア)という内服薬を作りました。

頭皮にあった育毛剤を

4つ目は天然成分が多く配合されていて頭皮を健康にするための成分が多く含まれている種類の育毛剤です。最後の種類は身体の中から健康に変えていくことで育毛効果を狙うサプリメントによる育毛です。健康な髪を作るため体質を改善する目的で作られたものです。これらの種類の中で自分の抱える薄毛の問題の解決に役立ちそうなものを選んで育毛に取り組むのです。

 

育毛に必要な栄養素を補うことで健康で美しい髪が作られます。育毛剤や育毛シャンプーと呼ばれるものの中には育毛効果のある成分が含まれ、発毛や髪の成長を手助けしてくれます。それでは育毛剤に配合されている育毛効果のある成分とはどのようなものなのでしょうか。育毛剤に含まれているのはビタミンE、センブリエキス、ニンジンエキス、塩化カルプロニウムなどです。

育毛に効果がある成分とは

これらの成分は血行を良くする効果がある物質です。血行が良くなると髪を育てる毛母細胞にまで栄養を行き届かせることが出来ます。その他にペンタデカン酸グリセリドという成分は、毛母細胞を活性化させる働きをするもので、ホルモンバランスが崩れてしまっている人にとても有効な成分です。
また、育毛には頭皮が保湿されていることが重要で、それのサポート成分として海藻エキスやアロエ抽出液やイチョウエキスが育毛剤には含まれています。頭皮を清潔に保つことも育毛には大切ですから、その成分が入っている育毛剤やシャンプーも人気があります。殺菌効果のある成分はヒノキオールで、さらに頭皮の炎症を改善してくれる成分グリチルリチン酸ジカリウムが入っている育毛剤があります。また、育毛の妨げになる皮脂を落とす成分イオウ、カシュウが入っている育毛剤もあります。自分の薄毛の原因がわかればそれに合った育毛剤を選択することが出来、育毛効果もアップ出来ることでしょう。