×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性 育毛

女性の育毛問題

女性でも薄毛や部分的なはげで悩んでいる人がいます。出産後の抜け毛など、女性の育毛問題について考えてみましょう。

女性の育毛問題

育毛対策は男性のためだけにあるのではなく、女性でも育毛に関心のある人はかなりいます。年齢を重ねていくと、ある日突然自分の髪にハリやつやがなくなっている事が気になり始めるといいます。いつまでも健康で美しい髪を保っていきたい気持ちは誰でも持っていると思います。女性に多い脱毛原因とその対策について調べてみましょう。現在では女性向けの育毛対策グッズが大量に販売されています。
それは女性が育毛に関心を持っている証拠です。男性に多いと言われる男性型脱毛症で悩む女性が増えているようです。この男性型脱毛症は、女性ホルモンの分泌が衰えてくる時期に気をつけることが大切です。この時期の体調の変化によって髪の状態も変化し、育毛に興味を持つ女性が多いのです。中年期を迎えた女性に多いびまん性脱毛症は、加齢やストレスやダイエットが原因で起こると言われています。また、女性特有の脱毛で牽引性脱毛症という脱毛症があります。これは髪を強く引っ張り続ける髪型をしている人がなる症状で、引っ張られすぎたところの頭皮がダメージを受けてしまったことで起こります。

妊娠・出産が原因の薄毛

引張りによる薄毛やハゲを防ぐためには毎回違う場所で結んだり、ヘアースタイルを変えることです。さらに妊娠・出産の時に脱毛してしまう分娩後脱毛症も女性特有のものです。この場合は産後半年ほど過ぎて、身体が元の状態に戻るか、授乳を終えることで改善してくることもあります。

 

また女性の場合、妊娠・出産をキッカケに薄毛が気になり、育毛に取り組んでいるという話をよく耳にします。妊娠してから出産を終えて子育てをしている間、女性の身体は劇的に変化します。女性の身体の中のホルモンバランスが変わることにより、脱毛の症状が出てしまう場合があります。この症状にはちゃんと名前があって、分娩後脱毛症と言います。

出産後の脱毛の原因

妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が活発で、この女性ホルモンが髪の成長を促すため妊娠中は何の問題もありませんが、出産前後はそのプロゲステロンの減少と共にエストロゲンが増加し、髪の成長が急激に止まってしまうのです。そのため産後一気に髪が抜けてしまうのです。育毛の悩みから解消されるためには産後早めに育毛対策を始めたいものです。
しかし、妊娠・出産で女性の身体はとても敏感な状態になっているため、育毛剤やシャンプーに反応してしまう可能性も否定できないため、産後の身体が落ち着く産後6ヶ月までは使い慣れたものを使用するほうが良いかも知れません。育児ストレスから円形脱毛症になるお母さんも多い時期ですから、自分の体調を把握しながらゆっくり始めるのが良いでしょう。産後半年も過ぎるとホルモンのバランスが元の状態に戻ることから育毛を始めることができますが、育毛効果の出方には個人差があることを忘れずに焦らないようにしましょう。