×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

育毛シャンプー

育毛とシャンプーの関係

育毛とシャンプーの関係について解説します。日々の頭皮ケア対策として育毛シャンプーは欠かせません。あなたは正しい育毛シャンプーを行なっていますか?

育毛とシャンプーの関係

育毛には頭皮を清潔に保つために正しいシャンプー法で洗うことに加えてシャンプー選びも大切です。正しい方法でシャンプーを行えば頭皮に皮脂を溜めてしまうことによるトラブルをなくすことが出来ます。シャンプーも育毛ケアを謳っているものを使用すると良いでしょう。

 

自分の肌に合ったシャンプーを探すにはサンプルを利用すると失敗しません。育毛に適する成分には洗浄力が程よくある、ベタイン系、アミノ酸系、石鹸が良いでしょう。洗浄力が強すぎると汚れと同時に頭皮を保護している膜まで洗い流してしまうので気をつけましょう。程よい洗浄力で頭皮に優しいシャンプーで毎日洗髪することが大切です。
育毛に悩んでいる人の中には洗髪時に髪が抜けてしまうことを懸念してシャンプーの回数を減らしている方がチラホラいます。しかしシャンプーに関係なく、人は一日に50本〜100本ほど髪が抜けるのです。正しいシャンプー法で洗髪すれば脱毛に繋がることはありません。育毛で大切なのはシャンプーをしっかり洗い流すことです。

 

育毛シャンプーとヘアサイクル

シャンプーではすすぎの時間が一番重要になります。若い人の中で大流行した朝シャンは育毛には向いていないようです。時間の無い朝のシャンプーではすすぎが不十分で髪にシャンプーの成分が残ってしまい、頭皮に悪影響を及ぼしてしまう場合があるのです。朝のシャンプーは必要な皮脂を落とし過ぎないようにお湯で流す程度が良さそうです。

 

育毛を効果的に行うためにはヘアサイクルのことを知っておかなければなりません。ヘアサイクルとは髪の周期のことを言います。髪は生えはじめてから抜けていくまで段階があります。成長期、退行期、休止期と移り変わります。成長期は髪が伸びている期間のことで、毛乳頭や毛母細胞が活性化していて育毛に取り組んでいる人が一番喜びを感じる時です。退行期とは成長が止まり抜け始める髪が増えていきます。

育毛剤でヘアサイクルを整えよう

休止期は全ての活動が止まり抜けていく時期です。育毛に取り組んでいる人は髪が抜けることに敏感になっているかもしれませんが、休止期の頭皮の状態は次の髪が控えている時期なのです。このように髪にはヘアサイクルがありますからサイクルが狂わないように頭皮ケアが必要です。

 

育毛に使われる育毛剤にはいろいろなタイプがあります。脱毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑えるもの、頭皮の血行を促進して毛母細胞に栄養を促すもの、保湿効果のあるものなどがあります。髪のサイクルが乱れてくると、軟毛化してしまいます。

 

軟毛化とは短くて細い髪にしか成長しないことを言い、放置しておくと毛根の成長が止まってしまい発毛しにくくなっていきます。軟毛化が心配の人は特に育毛剤などを使って正しいヘアサイクルに戻していきましょう。